会社概要

株式会社ドリマックス・テレビジョン
〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル7階 MAP


総務部・経理部:03-3588-0981
ドラマ本部:03-3588-1041
エンタテインメント本部/ドキュメンタリー本部:03-3588-0841
FAX:03-3588-0982
WEB:http://www.dreamax.co.jp



■資本金
2億2000万円
■売上高
33億円(2015年度)
■主要株主
(株)東京放送ホールディングス、(株)電通、(株)博報堂DYメディアパートナーズ、(株)毎日放送、(株)講談社、中部日本放送(株)
■役員
代表取締役社長:水留 章
常務取締役:岩原貞雄
常務取締役:荒井光明
取締役:番 敦成 
取締役:北川雅一 
取締役(非常勤):徳井邦夫(株式会社TBSホールディングスグループ経営企画局担当局長)
取締役(非常勤):松島哲夫(株式会社TBSテレビ 編成局担当局次長)
監査役:箸透(株式会社TBSテレビ 経理局経理部担当部長)
■従業員数
70名(2016年4月現在)
■事業内容
*番組の企画・制作・映画・舞台・イベント・プロモーションビデオ・各種映像などの企画・制作
*CMの制作。その他あらゆるコミュニケーション・メディアに関する業務。
*演出業務についてのスタッフ派遣事業
■沿革
・1979年4月23日
株式会社 木下プロダクション設立(資本金1000万円)
・2002年10月1日
株式会社 木下プロダクションと株式会社ブイ・エス・オー
(資本金1000万)合併
・2003年6月16日
社名変更 株式会社 ドリマックス・テレビジョン
・2003年7月31日
第三者割当による増資 資本金2億2000万円


映像つくります

ドリマックス・テレビジョンでは、経験豊富なノウハウを駆使して
あらゆる映像作品、映像資料の制作を御予算に応じて請け負っております
是非お気軽にお問い合わせください!【ご依頼可能な映像制作の例】
CM、インフォマーシャル、ブランディングビデオ、インターネット用ビデオ、 企業PRビデオ、顧客報告ビデオ、株主総会用ビデオ、官公庁広報ビデオ、 展示会用ビデオ、リクルート用ビデオ、社史ビデオ、 舞台収録イベント・学会等での中継・記録作業、音楽プロモーションビデオ、 カラオケビデオ、プロモーション番組、ドキュメント番組、通販番組、商品説明用ビデオ、 各種ハウツウビデオ、人材育成用ビデオ、教育用ビデオ、各種記録ビデオ、 各種セレモニーVTR、葬儀用ビデオ、学校教材用ビデオ、学校紹介ビデオ、 科学解説ビデオ、イメージビデオ、テレビ番組
その他あらゆる映像制作に対応しております!■問い合わせ先
代表電話:03-3588-0981
FAX:03-3588-0982



プライバシーポリシー

■ご利用あたって
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はドリマックス・テレビジョンに帰属します。個人で楽しむ目的以外、ホームページに掲載することや、複製・頒布・貸与・上映等を行うことは法律で禁じられています。■著作権について
当ホームページ(文書・映像・音声・写真等)の一部または全てを自分のホームページに取り込むことや、転載したり、改変することは禁じられています。 テレビ番組には当社だけでなく、出演者や脚本家、制作に関わっている会社・団体など、多くの人々の権利が含まれています。
ホームページの無断利用は彼等の権利も侵害することになります。 違法行為は刑事責任を問われたり、権利者から損害賠償を請求されたりする可能性があります。■リンクについて
リンクはトップページのみにお願いします。

■個人情報保護方針
ドリマックス・テレビジョンは、高度情報通信社会の進展にともなって、個人情報の利用が著しくひろがるなか、その取り扱いを慎重に行い、個人の権利利益が侵害されることのないよう万全を期す。

ドリマックス・テレビジョンの業務に関わる全ての者が、放送の社会的責任を果たすために、この「ドリマックス・テレビジョン個人情報保護方針」を定める。

ドリマックス・テレビジョンは個人情報保護に係る法令等の順守徹底をはかることはもとより、ここに定めた「ドリマックス・テレビジョン個人情報保護方針」を自ら規律をもって順守する。

また、国民の知る権利に奉仕し、表現の自由を担う報道・著述を目的とした個人情報の取り扱いについては、放送の社会的使命に照らし、適切な保護に務める。

個人情報は
その利用目的を明らかにして、必要な範囲内で適正な方法により取得する。
個人情報は、その利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容を保持して利用する。
個人情報は、その情報主体の同意を得ずに第三者へ提供しない。
個人情報は、定められた責任者のもとで万全な保護態勢を構築して管理する。
個人情報は、最短に定めた保存期間を明示し、保存期間終了とともに消去する。
個人情報を取り扱う従業者・委託先の適切な監督と必要な研修・啓発を行う。
個人情報の情報主体からの要請・苦情に関する手続きを定め誠実に対応する。
個人情報の漏洩・滅失・き損に際しては速やかに適正な処置を講じる。

以上