金曜ドラマ アルジャーノンに花束を

金曜ドラマ アルジャーノンに花束を

金曜ドラマ アルジャーノンに花束を

「放送情報」

TBS 2015年4月スタート!
公式サイトはこちら>>


「みどころ」

原作著者・ダニエル・キイス×俳優・山下智久×脚本家・野島伸司

ダニエル・キイス著作の瑞々しいヒューマニズム作品に、
時代を切り開いてきた作家・野島伸司が独自の“野島ワールド”を加えて
人気・実力ともに若手トップの山下智久が主演を務める。
“奇跡”の物語、現代版『アルジャーノンに花束を』が、この春、誕生します!!

TBSでは、2015年4月期の金曜ドラマ枠で、発表から半世紀以上の歳月が流れても世界中に深い感動を与え続ける永遠のベストセラー『アルジャーノンに花束を』のドラマ化が決定いたしました。

米国作家ダニエル・キイスによる原作は、超知能を手に入れた青年の喜びと孤独を通して、人間の心の真実を問いかける物語。1960年には「ヒューゴー賞中篇小説部門」、また1966年には「ネビュラ賞長篇小説部門」でそれぞれ受賞し、その後は3度の映画化や舞台化がされるなど、時代を超えて長く愛されている作品です。

この瑞々しいヒユーマニズム作品に対して、時代の先端をいく挑戦的なテーマを扱いながらも、一貫して人間愛を軸にした物語を描き続け、数々のヒットドラマを生み出してきた日本を代表する作家・野島伸司が脚本監修を担当。新たな命を吹き込みます。

そして、主演を務めるのは、人気・実力ともに若手トップの山下智久。原作のエッセンスを大切にしつつも独自の“野島ワールド”を加味して描かれる不朽の名作を、繊細で深みのある演技で人気を集め、数々のヒットドラマで主演を果たしてきた山下智久が、子供の精神を持つ無垢な状態から超知能を手に入れるという、ふり幅の大きい難役に挑みます。
この春“不朽の名作”ד野島ワールド”ד山下智久”が集結した“奇跡”の物語、現代版『アルジャーノンに花束を』をぜひご期待ください!!

咲人に恋心を抱かれるヒロイン役に栗山千明
咲人が働く会社の同僚に窪田正孝&工藤阿須加
栗山演じる研究者の同僚にSexy Zoneの菊池風磨
咲人の父親代わりで一番の理解者である社長役に萩原聖人
咲人に対して歪んだ愛情を抱く科学者という難役に石丸幹二
そのほか、谷村美月、大政絢、草刈民代、中原丈雄
そして野島作品にゆかりの深い、いしだ壱成、河相我聞の出演が決定!!

山下智久さんを主演に迎えてお送りする4月期金曜ドラマ『アルジャーノンに花束を』の、出演者情報をお知らせ致します。

まず、変化を遂げていく主人公の咲人が恋心を抱くヒロイン・望月遥香を、映像世界で幅広く活躍する栗山千明が演じます。初共演となる山下と栗山がどんな化学反応を見せるのか、ぜひご期待ください。続いて、咲人の同僚役として、昨年大ブレイクし若者を中心に人気を博している窪田正孝、工藤阿須加が、それぞれ柳川隆一、檜山康介として出演。遥香の同僚で若手ながら将来を嘱望される期待の研究員・小久保一茂役を、人気絶頂のグループSexy Zoneの菊池風磨が演じます。障がいのある咲人に好意を抱く女子大生・河口梨央役に谷村美月、梨央の同級生で親友の小出舞役に大政絢をキャスティング。

そのほか、咲人の純粋な愛情の対象であり、知的能力が向上していく咲人の複雑な思いの原体験となる咲人の母・白鳥窓花役には草刈民代、咲人の父親代わりであり一番の理解者、竹部順一郎役に萩原聖人、そして咲人に知能を向上させる脳外科手術を施し、咲人に対して歪んだ愛情を抱く科学者・蜂須賀大吾という難役を石丸幹二、蜂須賀の研究を後押しする大手製薬会社の社長・川口玲二に中原丈雄がそれぞれ演じます。また、野島作品にゆかりの深い、いしだ壱成、河相我聞の演技にも注目いただきたいところ。
以上、豪華出演者が集結してお送りする『アルジャーノンに花束を』をぜひお楽しみに!!


「ものがたり」

28歳だが、知能は6歳児並みという知的障がい者の白鳥咲人(山下智久)は、少年刑務所に入っていたなど“訳アリ”な若者が集まる花の配送センター「ドリームフラワーサービス」で働いていた。ある日、咲人は同僚の柳川隆一(窪田正孝)と軽トラに乗り、望月遥香(栗山千明)の住むマンションにバラの花束を届けに行く。遥香は配達人の咲人が精神遅滞者であることを知らないため、咲人の対応に驚き、警察を呼ぼうとしてしまう。慌てて駆けつけた柳川が事情を説明し、その場は収まりそうになるのだが、玄関の飾り棚にあるアクセサリースタンドのキラキラ光るイヤリングに惹きつけられた咲人は手を伸ばし、もうひと騒動を起こしてしまう。届け物もろくにできない咲人だったが、純粋で心の優しい彼の夢は、ママが好きになってくれる“お利口さん”になることだった。

一方、遥香が勤める「脳生理科学研究センター」では、チームリーダーの蜂須賀(石丸幹二)が研究していた知的能力を向上させる研究が進み、白ネズミのアルジャーノンへの動物実験が成功していた。蜂須賀による製薬会社へのプレゼンも上手くいき、社長の河口玲二(中原丈雄)から次の展開となる臨床試験をするよう後押しされるが、プレゼンから戻ってきた研究員たちは、口々に時期尚早ではないかと心配する声が…。しかし、蜂須賀に科学者としてだけでなく男性としても惹かれていた遥香は、蜂須賀の判断を妄信的に信じていた。早速、遥香たちは障がい者たちを支援している施設へ赴き、臨床試験の被験者を探すのだが、副作用のリスクなどを鑑み、了承をもらえる被験者がなかなか見つからないでいた。そんな中、アルジャーノンが檻から逃げ出し行方不明になってしまう。アルジャーノンに取り付けているGPSで居場所を確認するのだが、探し当てることが出来ないでいた。

その頃咲人は、会社の同僚たちと渋谷へナンパをしに行っていた。仲間の言いなりに一人で路上に立ち女性へ声をかけていた咲人だったが、ガラの悪い男にからまれ殴られてしまう。血だらけになって道端に転がる咲人。そんな咲人のもとへ、一匹の白いネズミが近寄ってきた。それに気がついた咲人は……。


「コメント」

主演・山下智久
──役作りについては?
とても難しくまだまだ手探りな状態なのですが、自分としてもチャレンジな役柄なので、最後まで気を抜かずに一つひとつ自分のものにできるように頑張っていきたいと思っています。咲人を演じる上で3パターンほどプランがありましたが、監督とも細かく相談させていただき徐々に定まってきたので、多少は安心しています。しかし、難しいのは4話以降からまたキャラが変わってくるので、そこをどうしようかなと思い巡らしているところです。初めての役柄、経験なので、様々な施設へも行かせていただきいろいろと勉強させていただいていますが、まだまだ見えない部分もたくさんあるので、なるべくそれをなくしていけたらと考えています。

──役への意気込みは?
まずは無事に(初日を)撮り終えることができたので、良かったなと思っています。撮影の時期的に冬なので少し寒いですが、キャスト&スタッフ皆で力を高めて、良い作品を作れるように頑張りたいと思っています。

ヒロイン・栗山千明
──ご自身が演じられる役について
遥香は自分の思いを伝えるのが苦手な、不器用な女性です。今まで私が演じてきた芯がある強い役柄とは対照的で、私自身ともかけ離れている女性なので、理解するのに苦労する事が多いです。でも、不器用だからこそ思い悩んでいる姿から、遥香の健気さやピュアさが伝わったら良いなと思っています。

──山下智久さんの印象は?
リードしてもらっています。咲人さんは、どう思って、どんな反応をするか…特に、最初の頃は現場に入るまで分からなかったのですが、遥香が優しくなれたり切なくなれる咲人さんでいてくれます。山下くんは、とても真面目に役と向かい合っている方なんだと思いました。

──野島作品へ出演される感想は?
野島さんの作品に参加できる事を誇りに思います。私も野島さんの作品を観て育ってきた一人です。特に、子供の頃の私にとって、野島さんの作品は刺激的でした。“優しさ”“切なさ”“葛藤”“怖さ”…たくさんの感情を突き動かせてくれるドラマに心が震えました。『アルジャーノンに花束を』を見て下さる方にも、心震えてもらえるよう精一杯、頑張ります。

脚本監修・野島伸司
──主演・山下智久さんへ
役者として一人二役を演じる、しかも現実味には一人であり二人である、尚且つその繊細に変わりゆく姿すら演じるという最高難度の芝居が要求される。山下君なら越えてくれると信じてます。視聴者の皆さんも物語の主人公の苦悩と共に、彼の演者としての葛藤と成長を見守って上げて下さい。

──原作への思い
小説には時々発明と言える作品が生まれる事があります。そして『アルジャーノンに花束を』は、これも紛れもなくその一つと言えるでしょう。ただ長い連続ドラマにおいては付け足し、現代的な解釈など補わなければならない部分が少なからずあります。原作ファンは元より、新しく知るであろう人達をも満足出来るような作品作りをスタッフ、キャスト一同目指して行きたいと感じています。

プロデューサー・韓哲
“野島版・アルジャーノンに花束を”がどんな物語になるのか、往年のドラマファンはもちろん、原作にまだ触れたことのない若い世代の方たちにとっても、興味深く観ていただける組み合わせではないかと考えています。
“子供”の精神世界から“大人”の精神世界へと行ったり来たりする、とても難しい役ですが、山下さんは、その両面を繊細に演じられる、やわらかさとクールさを持ち合わせた役者であると確信し、お願いしました。
原作とは時代も舞台も違う、現代の日本に置き換えて物語が進んでいきますので、その違いを楽しんでいただけるのはもちろん、原作の“知性”“心”“愛”といったテーマに加え、野島版ドラマとして“友情”が、さらなるキーとして描かれます。
皆様に、春にふさわしいドラマをお届けしたいと願い、スタッフ・キャスト一同、撮影に取り組んでいます。ぜひご覧ください。

──この作品のために集まっていただいたキャストへの想い
ヒロインの栗山千明さんとは以前にもお仕事させていただき、明るくさっぱりとした現代的な女性の印象を持っています。ですが、今回は社会と折り合いをつけるのが苦手な、心に葛藤を抱えた理系の研究者という、おそらくご自身とはかけ離れた役を「悩んで苦しんで演じてもらいたい」とお話しました。山下さん演じる咲人が働く職場は原作から設定を変更し、職場の仲間との“友情”をドラマ版の重要なテーマの一つに加えました。窪田正孝さんと工藤亜須加さんには“動と静”の対照的な役を演じてもらいますが、咲人との友情関係がどうなっていくのかご注目ください。

また、エリート揃いの脳科学研究センターの研究員として菊池風磨さんに出演いただき、良い意味で“空気の読めない”若き科学者を演じてもらいます。そのほか、咲人が勤める会社の社長で親代わりのような存在を萩原聖人さんに、脳科学研究センターの部長で咲人を超知能へと導く天才科学者を石丸幹二さんに演じていただきます。“人間性”“知性”についてお互い対照的な考えを持つ2人の、重厚なお芝居にもぜひご注目ください。

そして、野島ドラマに縁の深い、いしだ壱成さん、河相我聞さんにもご参加いただくほか、今後、物語の重要なカギを握る存在として谷村美月さん、大政絢さん、草刈民代さん、中原丈雄さんら豪華キャストのみなさんにお集まりいただきました。初共演の方が多く、どんな化学反応が起こるのか私自身とても楽しみな思いでスタッフ・キャスト一同撮影に臨んでいます。4月の放送をぜひ楽しみにお待ちください。


「原作概要」

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。ある日、そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは賢くなる。日々学ぶことに喜びを覚える一方で、今までの自分がいかに周囲の人間に馬鹿にされていたかに気づき、憤り悲しむことに。それでも彼の知能は成長を続け、知ることの喜びと苦しみを同時に体験していくのだった。そして、とうとう天才的な知能を手に入れたとき、彼は絶対的だと思っていた周りの人々が自分よりもずっと劣っていることに失望し、周囲から孤立していくが、同様の手術を受けて“天才ネズミ”となっていたアルジャーノンが急に狂暴化し、ついには死んでしまった。そんなアルジャーノンを見ていたチャーリィは、自分の行く末を悟り、さらなる悩みを抱え……。


「出演者」

白鳥咲人:山下智久

望月遥香:栗山千明
柳川隆一:窪田正孝
檜山康介:工藤阿須加
小久保一茂:菊池風磨(Sexy Zone)
河口梨央:谷村美月
小出舞:大政絢

杉野史郎:河相我聞
    ○
白鳥久人:いしだ壱成

白鳥窓花:草刈民代
    ○
河口玲二:中原丈雄(特別出演)
竹部順一郎:萩原聖人

蜂須賀大吾:石丸幹二


「スタッフ」

原作:ダニエル・キイス/小尾芙佐訳
『アルジャーノンに花束を』(ハヤカワ文庫)

脚本監修:野島伸司
脚本:池田奈津子
編成・プロデューサー:韓哲(TBSテレビ)
プロデューサー:佐藤敦司(ドリマックス・テレビジョン)
演出:吉田健・酒井聖博・松田礼人