伊藤くんAtoE

伊藤くんAtoE

伊藤くんAtoE 2018年初春 全国ロードショー
公式サイトはこちら>>

容姿端麗だが、自意識過剰、無神経すぎるモンスター級
【痛男いたお】伊藤いとう誠二郎せいじろう
と、彼に人生を振り回される女たち。

【A】「ぞんざいに扱われる女」
伊藤に粗末に扱われ続ける才色兼備の高級カバン販売員 島原智美

【B】「自分の殻に閉じこもる女」
伊藤からストーカーまがいの好意を持たれる、バイトに身の入らないフリーター 野瀬修子

【C】「愛されたい女」
親友が想いを寄せる伊藤を寝取る、男を切らしたことのないタルト店の店員 相田聡子

【D】「高学歴の鉄壁女」
処女は重いと伊藤にふられ自暴自棄に初体験を済ませようとする大学生 神保実希
・・・そして、

【E】「毒女」
女たちの伊藤にまつわる恋愛相談をネタに新作ドラマで再起を図る、売れなくなった崖っぷちアラサ―脚本家 矢崎莉桜

*********

そんな女性たちが伊藤に抱く恋心、苛立ち、嫉妬、執着、優越感・・・
人間なら誰しもが抱える“毒”が刺激的に鮮やかに描きだされ、ラストに放つ「伊藤」の一言で、物語は一転、全く別の扉を開きます。

原作は、「ランチのアッコちゃん」をはじめ、数々のヒット作を生み出し、あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家・柚木麻子、自身初の直木三十五賞候補作となった会心の恋愛小説。

『ヴァイブレーター』『さよなら歌舞伎町』など深く人間心理をあぶり出し、海外でも高い評価を受ける実力派・廣木隆一監督が製作陣から熱烈オファーを受けて待望の映画化。
さらに、映画の公開に先駆け、【A~D】4人の女たちが莉桜へ語る“伊藤くん”の恋愛相談を、2話毎に描いていくTVドラマの放送も決定!
予測を裏切られ、観れば震撼する、空前絶後の恋愛ミステリーが誕生します。
ぜひご期待ください!


【ストーリー】

矢崎莉桜《やざきりお》(木村文乃)、32歳。職業・脚本家。5年前に担当したドラマ「東京ドールハウス」は大ヒットを記録し、伝説の恋愛ドラマを書いた脚本家になりつつあったが、以降ヒット作を出せず、過去の栄光になんとかすがってプライドを保っている。

そんなある日、「東京ドールハウス」をネタに書いたエッセイ本「ヒロインみたいな恋をしよう!」が発売され、トークショーを開催することに。「ほんの少しの知識と勇気があれば、恋はきっと叶うんです」。恋愛について講演する莉桜の話を真剣に聞く女性たち。けれど莉桜の心の声は──「私が笑えば無条件に頷く、つまらない女たち……」毒舌だ。

かつて、公私ともにパートナーだったドラマプロデューサー田村伸也《たむらしんや》(田中圭)が、トークショーに参加した女性たちの恋愛相談企画を勝手にすすめていたことも気に入らない。「くだらない……」と思いながらもアンケート用紙に目を通す。と、4人の女性たちに“ある共通点”があることに気づく。それは、彼女たちが相談している男の名前がみんな“伊藤”だったことだ。偶然?

莉桜は恋愛相談の当選者として島原智美《しまはらともみ》(佐々木希)、野瀬修子《のせしゅうこ》(志田未来)、相田聡子《あいださとこ》(池田エライザ)、神保実希《じんぼみき》(夏帆)に会って話を聞くことにする。彼女たちを振り回す男たちは、みな容姿端麗らしいが、自意識過剰で幼稚で無神経。聞くにつけ首をかしげたくなるほどの「痛男《いたお》」。こんな男のどこがいいのか―。

恋愛相談を利用し、再起をかけて新たなドラマの脚本を書き始める莉桜は、徐々に4人が語る伊藤が同一人物ではないかと考え始める。いったい伊藤は何者なのか―。彼の狙いとは―。

待ち受ける予測不能な衝撃のラストに誰もが震撼する―。


【キャスト】

岡田将生・木村文乃・佐々木希
志田未来・池田エライザ・夏帆
中村倫也・田中圭


【スタッフ】

総監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くんAtoE」(幻冬舎文庫)