このミステリーがすごい!『ポセイドンの罰』

このミステリーがすごい!『ポセイドンの罰』

このミステリーがすごい!『ポセイドンの罰』

「放送予定」

【TBS】
2015年11月30日 よる9時放送
公式サイトはこちら>>


「あらすじ」

二重三重に仕掛けられた巧妙なトラップ!
傲慢な社長の死に隠された、悲しみの真実とは!?

東京湾を周回中のクルーザー・ポセイドン号で行われた、大手不動産会社の懇親会。

そこで社長・工藤(中野裕太)が刺殺された。船は一度も停まっておらず、海中から何者かが乗り込むことは不可能。つまり、殺害現場は『船上という密室』であった。

容疑者は、同乗していた工藤の会社の社員・高瀬美波(瀧本美織)、三峰遥子(中越典子)、成田光樹(東根作寿英)の3人ーー。
「睡眠薬で眠らされ、目覚めたときには事件が起きた後だった」と一様に訴える彼らに、捜査一課の刑事・母神響子(財前直見)は、若手刑事・鏑木(桐山 漣)と共に事件の捜査を進めていく。

しかし刑事たちの目の前で、次なる悲劇が……

謎が謎を呼び、闇が闇を吸い寄せる。
それは、ギリシャ神話海の守り神・ポセイドンが罪人たちに与えた“罰”

社内トラブル・不可解な人事、そして時間の渦に消えた凄惨な事件登場人物たちの知られざる深い闇が重なり、白日の元にさらされるラストシーン…その時、生涯をかけた完全犯罪があらわれる。

二重三重に仕掛けられたトリックとスピーディーな展開に、
母神は、そしてあなたは、真犯人に辿り付けるか……?


「原作」

中山七里(なかやましちり)
1961年 岐阜県出身 
2009年 『さよならドビュッシー』で
第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞。
2010年 『さよならドビュッシー』(宝島社)でデビュー。

[主な著作]
宝島社:『さよならドビュッシー』/『おやすみラフマニノフ』
    『いつまでもショパン』/『連続殺人鬼カエル男』
幻冬舎:『魔女は甦る』/『ヒートアップ』
講談社:『贖罪の奏鳴曲』/『追憶の夜想曲』
光文社:『スタート!』/☆集英社:『アポロンの嘲笑』
角川書店:『切り裂きジャックの告白』/『七色の毒』
文藝春秋:『静おばあちゃんにおまかせ』/『テミスの剣』
新潮社:『月光のスティグマ』
実業之日本社:『嗤う淑女』
祥伝社:『ヒポクラテスの誓い』
NHK出版:『総理にされた男』
朝日新聞出版:『闘う君の唄を』


「監督」

石井 康晴(いしい やすはる)
1968年 東京都出身。 早稲田大学卒。
1992年 TBSに入社。制作局へ配属。
バラエティ番組やドキュメンタリー番組の制作を経て、
ドラマ制作に異動。
1999年 『天国に一番近い男』第7話(TBS)で初演出。
    以後、TVドラマの演出、プロデュースを中心に活動。
2008年 『クロサギ』で映画監督デビュー。

[主な監督作]
映画
『クロサギ』(2008)/『花より男子F』(2008)

テレビドラマ(全てTBS)
『天国に一番近い男』(1985)/『コワイ童話』(1999)/『悪いオンナ「プレイヤー」』(1999)/『悪いオンナ「占っちゃうぞ」「シャッフル」』(2000)/『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)/『Mの悲劇』(2005)/『ボイスレコーダー VOICE RECORDER~残された声の記録~』(2005)/『花より男子』(2005)/『白夜行』(2006)/『クロサギ』(2006)/『花より男子2(リターンズ)』(2007)/『冗談じゃない』(2007)/『山田太郎ものがたり』(2007)/『流星の絆』(2008)/『スマイル』(2009)/『ヤマトナデシコ七変化』(2010)/『新参者』(2010)/『獣医ドリトル』(2010)/『ランナウェイ~愛する君のために~』(2011)/『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』(2012)/『NTTドコモ20周年SPドラマ夢の扉特別編「20年後の君へ』(2012)/『潜入探偵トカゲ』(2013)/『S~最後の警官~』(2014)/『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』(2014)/『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(2015)/『表参道高校合唱部!』(2015)


「キャスト」

母神響子:財前直見
鏑木:桐山 漣
高瀬美波:瀧本美織
三峰遥子:中越典子
成田光樹:東根作寿
英工藤良市:中野裕太
村雨:津田寛治
斎藤久志:光石 研


「スタッフ」

原作:中山七里『ポセイドンの罰』(宝島社)
脚本:大北はるか
監督:石井康晴
プロデュース:加藤章一(ドリマックス・テレビジョン)
総合プロデュース:高橋正尚(TBSテレビ)
制作協力:ドリマックス・テレビジョン
製作著作:TBS