金曜ドラマ Nのために

金曜ドラマ Nのために

金曜ドラマ Nのために

「放送情報」

TBS
2014年10月期
金曜よる10時より
公式サイトはこちら>>

「番組紹介」

人気ベストセラー作家・湊かなえが描いた
切なさに満ちた純愛ミステリー「Nのために」を連続ドラマ化!
榮倉奈々が湊かなえワールドに挑む!

屈折とトラウマから生まれた究極の“愛”
それは“罪”の共有
それぞれの“N”に対する想いとは─

瀬戸内海の美しい島から始まる15年間の純愛ミステリー
TBSでは10月期の金曜ドラマ(金曜よる10時)で、人気ベストセラー作家・湊かなえが描いた、切なさに満ちた純愛ミステリー「Nのために」をドラマ化することが決定しました。

原作の「Nのために」は、第29回小説推理新人賞(2007年)を受賞し、「告白」でデビューを果たしてから、いくつものベストセラー作品を作り出している湊かなえ氏のミステリー小説。湊氏は双葉文庫から発売されている「告白」「少女」「贖罪」「夜行観覧車」だけでも累計500万部を突破した大人気ミステリー作家。今回ドラマ化されるこの作品も、文庫本が8月23日(土)全国一斉発売されることが決定しています。

主演の榮倉奈々は、2010年映画「余命1ヶ月の花嫁」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その翌年、映画「アントキノイノチ」で、モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門でイノベーションアワードも受賞した実績の持ち主。そんな榮倉が、湊かなえワールドに初挑戦します。今回の作品では、“ある計画”を立てたことでセレブ夫妻・野口貴弘と奈央子殺人事件に関わる杉下希美役で、高校生から32歳と幅広い世代を演じます。

共演には、希美と“ある計画”を立てたことで事件に関わることになる高校時代の同級生・成瀬慎司役に窪田正孝、同じアパートで暮らし、殺害される野口貴弘と同じ商社に就職する安藤望役に賀来賢人、と現在放送中のNHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演して注目を浴びている若手俳優陣を抜擢。
想いを寄せている奈央子を助けるため“ある計画”を立て、野口貴弘殺害の罪で服役することになる西崎真人役には、多方面で活躍中の実力派俳優の小出恵介を迎えます。

そして、“野口夫妻殺人事件”の真相を追う元警察官・高野茂役には、1974年エランドール賞・新人賞、2007年ブルーリボン賞・助演男優賞、日本アカデミー賞・2009年優秀助演男優賞と2011年優秀主演賞、2012年紫綬褒章など数々の賞を受賞してきた三浦友和といった、今、注目の若手俳優陣と豪華キャストでお送りします。

大学生の希美(榮倉奈々)は、成瀬(窪田正孝)、安藤(賀来賢人)、西崎(小出恵介)と“ある計画”を立てたことで、野口夫妻殺人事件の現場に居合わせてしまう。その場で西崎が逮捕され、自供から懲役10年が言い渡される。

その10年後、この事件の判決に疑いを抱く元警察官・高野(三浦友和)は、事件の真相を追い始める。事件の発端は15年前の夏、瀬戸内海に浮かぶ島で、希美と成瀬が起こした“とある事件”からすべてが始まっていると、高野は確信していた。
「彼らはあの時、罪を犯した。それぞれのNのために」

杉下 希美 Nozomisugishita
成瀬 慎司 shinjiNaruse
安藤 望  Nozomiando
西崎 真人 masatoNishizaki
野口 貴弘 takahiro Noguchi
野口奈央子 Naoko noguchi
登場人物たちに共通する、イニシャル「N」

Nたちはどのように出会い、誰を愛し、どんな罪を犯したのか──
現在と過去を交錯させながら、事件の真実を明らかにしていく『純愛ミステリー』

また今回、2013年1月期に放送され、湊かなえの原作で人気を博したドラマ「夜行観覧車」のプロデューサー・新井順子、脚本・奥寺佐渡子(2012年日本アカデミー賞・最優秀脚本賞受賞)、演出・塚原あゆ子と山本剛義が再集結して、湊かなえワールドに臨みます。

「コメント」

【主演・榮倉奈々コメント】
湊かなえさんの作品が好きで、これまでにも何作か読ませていただいていました。『Nのために』もその一つです。人間関係の複雑さに魅了され、そして、予想のできない展開に目が離せなくなり、気が付いたら一日で読み切りました。その世界に自分が入れるなんて、未だに信じられないほど嬉しいです。純愛ミステリーということで、湊かなえワールドの愛を存分に感じたいと思います。まだまだ暑さの残る中での撮影は体力勝負となりますが、キャストの皆さん、スタッフの皆さんと力を合わせて頑張りたいと思います。

【原作・湊かなえコメント】
『Nのために』は私の初のラブストーリーです。とはいえ、主人公と相手が紆余曲折を経て両想いになり、めでたし、めでたし、といった話ではありません。それなら、私が書く意味がない。幸せが自分のことであるうちはたいした人生ではない、と私は思っています。自分よりも大切な人を持つ人が増えたら、世の中はもっと温かくなるのではないかとも思っています。登場人物は皆、それぞれのNのために行動します。誰が誰のNなのか、こういう愛のかたちがあったのかと、たくさんの人たちが自分の大切な人を思い浮かべながら、この物語を楽しんでくださることを心より願っています。究極の愛を貫いた、すべての謎を知ることができるのは、登場人物の誰でもなく、最初から最後まで見届けてくれた方のみですから!!

【プロデューサー・新井順子コメント】
今回、湊かなえさんの新たなミステリーの映像化に挑戦することになりました。テーマは、「純愛ミステリー」。純愛のドキドキ感とミステリーのハラハラ感、この2つの要素を織り交ぜ、世代を問わず様々な方に楽しんでいただける作品に仕上げたいと思います。「Nのために」タイトルにある通り、キーワードは「N」。Nとは、登場人物の名前に共通するイニシャルです。Nたちが15年間の中でどのように出会い、誰を愛したために殺人事件が起こってしまったのか?事件に隠された真実を紐解いていくだけでなく、Nたちや彼らを取り巻く人々の人間模様もみどころです。
またドラマでは、小説で詳しく描かれていない「事件の10年後」の現代でも物語を展開します。Nたちの過去と現代を交錯させることで、物語に深みを増し、小説をまだ読んでいない方はもちろん、小説を読んだ方でも新たな「Nのために」の世界を楽しんでいただけると思います。事件のカギを握るNたちには、榮倉奈々さん・窪田正孝さん・賀来賢人さん・小出恵介さん。さらに、Nたち4人の秘密を追うドラマオリジナルキャラクターの元警察官役に、三浦友和さん。フレッシュさと華やかさと実力を兼ね備えた出演者の皆さんをお迎えすることができました。どんな表情を見せていただけるのか?きっと新たな世界に連れて行ってくれると、とても楽しみにしています。今回の舞台は、瀬戸内海に浮かぶ島から始まります。島の美しい風景と純愛とミステリー。きっと、ご満足いただける作品になることは間違いありません。

「出演者」

杉下希美…榮倉奈々
成瀬慎司…窪田正孝
安藤 望…賀来賢人
西崎真人…小出恵介
高野 茂…三浦友和 ほか

「スタッフ」

原作:湊かなえ「Nのために」(双葉文庫)
脚本:奥寺佐渡子
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子、山本剛義