ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル

ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル

ドラマ特別企画 嫌われ監察官 スペシャル

【放送情報】

[テレビ東京]
7月6日(金)
夜8時放送!
公式サイトはこちら>>

監察官・音無一六が天才的な
“深読み力”で警察の闇を斬る!
小日向文世主演の人気シリーズ

あの音無一六が帰って来る!
7月6日(金)夜8時~9時48分 放送決定

小日向文世と遠藤憲一が兄弟に!!
一六が殺人事件の第一発見者!?
田中美佐子ほかおなじみの共演者も登場!

テレビ東京は7月6日(金)夜8時から、
小日向文世主演『ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル』を放送いたします。

“警察の中の警察”という異名を持ち、警察内部のあらゆる不正を取り締まる監察官。職務を忠実に全うするがゆえに警察内で最も嫌われている監察官だが、天才的な“深読み力”で事件の真相を暴き警察の闇を斬る音無一六(小日向文世)。これまで4作が放送された人気シリーズが1年半ぶりに帰ってきました。

今回、一六が監察するのは、暴力団との癒着疑惑の告発があった警部補・有村俊樹。ところが真相がはっきりしないまま何者かに毒殺され、一六は第一発見者に!しかも現場に居合わせた被疑者の男を取り逃がしてしまい…。仲間を失った捜査員から反感を買いつつ、四面楚歌でなおも監察を遂行する一六。果たして得意の深読み力で真相に迫れるのか?

のちに一六の弟と判明するキーパーソン・万丈二六を演じる遠藤憲一をはじめ、第5弾を盛り上げる豪華出演者も決定!一六の上司で警務部長・千住遼子 役の田中美佐子、元署長で今は居酒屋店主・二宮満 役の小野武彦、刑事部長・七尾政和 役の石丸謙二郎、巡査部長・三条渚 役の中越典子といったおなじみのメンバーに加え、殺害される警部補・有村俊樹を大友康平、一六の今回の相棒・溝呂木三花を堀内敬子が演じます。さらに放送に向けて小日向文世、遠藤憲一のおふたりからコメントが到着しました!
幅広い世代で楽しめるアップテンポなエンターテイメントミステリードラマにご期待ください。


《小日向文世 (監察官・音無一六 役)》

―今回でシリーズ第5弾になりますが、
制作決定を聞いた時はどう思われましたか?

この作品がほぼ年1回で続いているのはありがたいなって…光栄だなと思いましたね。それとスタッフが5年間ほぼ一緒なので、同じチームでまた会えるというのも嬉しかったです。

――5作演じられた音無一六という人物について、
どういう印象をお持ちですか。

唯一“虫嫌い”ということ以外は、面白味のない男かなと(笑)。まじめな人ですよね。ただ推理していく時は“深読み力”とか“スコトーマ(心理的盲点)”を突くとか、そういった独特の一六の感性が謎解きに役立っていきます。そのアンバランスさですね。ものすごく明晰に謎解きに向かっていく部分と単純に虫が嫌いだっていう、その辺のギャップが一六という人物の魅力だと思います。そこに相棒…今回は堀内敬子さんとのチームワークが結びついていく。その描かれ方が面白いと思うし、謎解きに向かっていく時が一番一六らしい。今回は弟が出てきたことでまたひとつ世界が広がってきたような気がします。

――遠藤さんと兄弟役を演じてみていかがでしたか?

全く(見た目が)似てないのが面白いと思う反面、成立するのかなと(笑)。それに遠藤君とお芝居で絡んだことが実はあまりなかったんですけど、演じてみてとっても面白かったし、すごく嬉しかったです。遠藤君はあんな顔しているけど(笑)、ものすごく神経が細かいし、柔らかいし、面白い!楽しかったしやりやすかったし、遠藤君もそう思ってくれていると思います。本当にお芝居が好きで無邪気で、あんなに忙しいのに手を抜かないし、どうやったらそのシーンが面白くなるか一生懸命考えている。遠藤君を見て僕も勉強になりました。

――今回の見どころ、視聴者へのメッセージをお聞かせ下さい。

犯人以外にも今までと違う新たな登場人物が出てきます。遠藤君が演じる弟・二六はもちろん、堀内さん演じる相棒・溝呂木(こおろぎ)さんはなんともチャーミング。監督はもう参ってますから(笑)男性の視聴者の方々にもとても楽しんでいただけると思います。しかも今回は大友康平さん、大河内浩さん、小木茂光さん、宮川一朗太さんといういい歳のごっついメンバーが集まって、それはそれでなかなか大人の作品になったなと感じています。シリーズが続けば一六・二六の兄弟関係がもっともっと面白く描かれていくと思うので、これが始まりだと思って、ぜひ応援していただければと思います。


《遠藤憲一 (一六の弟・万丈二六 役)》

――小日向さんと兄弟を演じられていがでしたか?

まさか小日向さんと兄弟になれる日がくるとは思いませんでした。小日向さんからは、真摯に役に向き合い努力する姿に勇気をもらいました。小日向さんと演技をすると予想外の感情や空気がうまれ、充実した時間を過ごせました。

――万丈二六という役を演じるにあたって意識したことはありますか?

タクシーの運転手なのに刑事に交じって捜査するので、刑事に見えてしまわないように意識しました。

――今回の見どころ、視聴者へのメッセージをお聞かせ下さい。

事件を解決するドラマではありますが、監督が感情を丁寧に描いてくれていて、人間ドラマとしても楽しめます。台詞もとても面白いです。このシリーズのファンの方も、初めて観る方もぜひ楽しみにして下さい。

『監察官』というと少し堅くて息苦しい印象があるかもしれませんが、警察で“最も嫌われている監察官”を小日向文世さんが演じると、急にコミカルで親しみのあるキャラクターになるのが不思議です。つまり、音無一六は小日向さんの魅力がドハマりしている唯一無二の“悲哀と人間味”あふれた“放っておけない”主人公なのです。自分の中の正義を貫くために、時に自らの弱点をさらしながら不器用に突進していく姿は、だれもが身近に共感することができる、等身大のヒーロー像なのかもしれません。
今回の見どころは、何といっても小日向さんと遠藤憲一さんの“兄弟”競演です。もはや共通点がほぼ見つからないこの兄弟が、再会を経てストーリーをどのように動かしていくのか、また意外にも濃密な共演が初めてというお二人が、どんなアドリブを投入してドラマを盛り上げてくれるのかに注目していただければと思います。週末の金曜よる8時にふさわしい、エンターテイメント性にあふれる痛快なスペシャルドラマです。ぜひご期待ください!



【イントロダクション】

監察官は“警察の中の警察”という異名を持ち、警察内部のあらゆる不正を取り締まる。警視庁警務部長・千住遼子(田中美佐子)の指示のもと、身内を厳しく監察する警視庁警務部人事一課の音無一六(小日向文世)は、職務を忠実に全うするがゆえ、警察内で最も嫌われている監察官だ。


【今回のあらすじ】

監察官の音無一六(小日向文世)は、暴力団との癒着疑惑で監察中の警部補・有村俊樹(大友康平)を遺体で発見してしまう。現場からは被疑者(遠藤憲一)が逃走。合同捜査本部に特別監察として乗り込んだ一六は、聞き込み中に再び被疑者に遭遇するも取り逃がしてしまう。一方、捜査一課の三条渚(中越典子)が有村の交友関係を調べる中で、ひとりの男が浮上する。名前は“万丈二六”。幼いころに引き離された一六の実の弟だった!


【番組概要】

タイトル:ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル
放送日時:7月6日(金) 夜8時~9時48分放送
原案:酒井直行
監督:倉貫健二郎
脚本:山岡潤平 倉貫健二郎
出演:小日向文世 遠藤憲一 堀内敬子 大友康平 宮川一朗太 青山倫子 鈴之助
中越典子 大河内浩 小木茂光 石丸謙二郎 小野武彦 田中美佐子
プロデューサー:浅野太(テレビ東京)倉貫健二郎 大高さえ子