The Partner~愛しき百年の友へ~

The Partner~愛しき百年の友へ~

The Partner~愛しき百年の友へ~

「放送情報」

TBS
9月29日 日曜よる9時放送!
公式サイトはこちら>>

「みどころ」

日本のTBSテレビと、ベトナムのベトナムテレビジョン(VTV)。2つの国のTV局が共同製作するドラマの概要が明らかになった。タイトルは『パートナー』。主演に日本の東山紀之、ベトナムのPham Huynh Dong(ファン・フィン・ドン)という両国を代表する豪華キャストを迎え、両国の出演者・スタッフが手を取り合い「パートナー」として番組を制作、9月29日に日本とベトナムで同日放送する。

2013年9月21日は日本とベトナムが国交を樹立してから、ちょうど40周年に当たる節目の日。これに先立ち、2012年12月、ベトナムでTBSテレビ石原俊爾代表取締役社長とVTVチャン・ビン・ミン社長との間で、共同プロジェクト契約の調印式が行われた。これは、両国が放送を通じて強く協力関係を築くことで、両国の関係をより深く、より発展させることを目的とした共同プロジェクト。その一環として、TBSとVTVとの間でドラマの共同製作が進められていた。

ドラマは、現代の日本とベトナムの両国で働く日本人ビジネスマン・鈴木哲也の視点を通して描かれる。哲也は一人娘のさくらと暮らし、ベトナム人女性リェンとの再婚を控え、忙しい日々を送っている。そんなときベトナムでの取引先のナム社長から、ある謎を解き明かせば契約をしようと提案される。タイムリミットまでに謎が解けないと、長年かかって築き上げてきたベトナムとのプロジェクトがご破算になってしまう。哲也は謎解きに奔走するが、その謎を解く鍵が実は日本にあった。それは100年以上前、フランスの厳しい圧政下にあった祖国の独立を願い危険を冒して来日したベトナムの英雄と、名も無き日本人医師の強い絆であった。ベトナムの英雄、ファン・ボイ・チャウは「フランス支配に自由を諦めたベトナムの若者よ、目を覚まし、日本で学ぶのだ」と若者たちを鼓舞し、ファンの影響を受けた多くのベトナムの若者たちが日本へ渡った。これが、後にベトナムの独立に大きな影響を与えた「東遊(ドンズー)運動」であるが、この東遊活動を支えた日本の開業医、浅羽佐喜太郎とファンの間には、これまで語られることのなかった史実が隠されていたのだった・・・。

激動の時代を生きたファンと佐喜太郎の絆を知り、哲也は再びベトナムの交渉相手と向き合おうとする。さらに哲也は、亡き母親の面影を追うさくらや、国際結婚を間近に控え苦労が尽きないリェンにも、新たな気持ちで接していく。

このドラマは、現代の日本とベトナムのビジネスや国際結婚、さらに100年前の日本とベトナムの知られざる史実を描く。また国と国、人と人の交流を通して、今後の日本とベトナムの関係をよりよいものにするヒントを提案する。まさに珠玉のヒューマンドラマである。

―明治編―
主人公の鈴木哲也そして浅羽佐喜太郎の2役を演じるのは、東山紀之。
ドラマや音楽、ミュージカルなどの舞台での活躍はもちろん、近年では日本の伝統文化である時代劇の担い手としても期待が高まっており、日本のエンターテインメント界のトップに立ち続けている。
今回、その東山が、TBSとVTVの共同製作番組の「座長」として、どんな演技を見せるのか、注目が集まる。

もう一人の主人公、ファン・ボイ・チャウを、ベトナムで俳優として第一線で活躍し続けているPham Huynh Dong(日本語読み「ファン・フィン・ドン」)が演じることが決定!
2002年の役者デビュー以降、数多くのTVドラマに出演し多くの賞を受賞しているHuynh Dong。
自国の英雄であるファン・ボイ・チャウ役はまさに適役だろう。

また佐喜太郎やファンを献身的に支える看護師・あかね役に、TVドラマや映画「るろうに剣心」(2012年)などで大活躍している武井咲が決定。
2006年の全日本国民的美少女コンテストから芸能界デビューし、瞬く間にブレイクした武井の「美しさ」は、日本のみならずベトナムの視聴者をも虜にするはずだ。

―現代編―
そして現代編で哲也と国際結婚するリェン役には、ベトナムで女優としてだけでなくバレエダンサーやMCとしても知られるNguyen Lan Phuong(日本語読み「グェン・ラン・フォン」)をキャスティング。ベトナムエンターテインメント界を代表するひとりである彼女の出演は、ドラマに華やかな彩りを加えることになった。

さらに哲也の一人娘・さくら役には、天才子役の呼び声が高い芦田愛菜が決定。2011年ドラマ『マルモのおきて』でゴールデンタイムの連続ドラマ初主演を果たし、さらにはその主題歌で『NHK紅白歌合戦』にも史上最年少で出場している。その愛くるしい笑顔で多くの視聴者を
魅了している芦田は、日本とベトナム両国のパートナーシップに大いに貢献してくれるだろう。


先の記者会見(5月13日)に登壇した、日本&ベトナムを代表する主演の二人・東山紀之、ファン・フィン・ドンをはじめ、武井咲、グェン・ラン・フォン、芦田愛菜という、豪華キャストに加え発表になった共演者陣も、まさに「超一流」の顔ぶれが揃った。
佐喜太郎(東山紀之)の妻・まさを演じるのは吹石一恵。佐喜太郎そしてファン・ボイ・チャウ(ファン・フィン・ドン)と会談する当時の有力政治家・犬養毅に武田鉄矢。犬養と佐喜太郎の仲介役を務める大隈重信役に柄本明。そして現代編で主人公・哲也(東山紀之)をサポートする後輩・畠山紀彰に、東山の事務所の後輩でもあるKAT-TUNの中丸雄一。哲也たちが投げかけられた謎の鍵を握る大岩真知役に十朱幸代。いずれのキャストも数多くの作品に出演し、日本を代表する俳優・女優が揃った。
さらに、ベトナムからも、注目のキャストが登場。百年前にファン・ボイ・チャウの求めで来日するベトナムの王族の末裔クォン・デ役に、ベトナムでは大人気の俳優グェン・ビン・ミン。そしてファン・ボイ・チャウを慕うベトナム人留学生のチャン・ドン・ファンに、ベトナムで注目を集めている若手のレ・ホン・ダンが決定した。

日本とベトナム、両国を代表するトップスターたちの競演が実現。これ以上ないほどの豪華な顔ぶれで、スペシャルドラマ「The Partner ~愛しき百年の友へ~」の撮影が日本とベトナムで行われた。スタッフは制作、技術、美術すべての分野で、TBSとVTV、日本人とベトナム人のスタッフが集結。両TV局の総合力を併せて、この共同製作に臨んだ。

現在、ベトナムの貿易相手国として中国、アメリカに次ぐ3位の地位を占めるのが日本。逆に多くの日本の企業もベトナムに進出しつつある。国交樹立40周年を迎える今、日本とベトナムの交流の歴史と現在の関係を、このドラマを通して再認識していただければと思う。昔も今も変わらない「相手を理解し、信じる事の尊さ」を、現代社会に生きる私たちに問いかけ、今後、良き「パートナー」として手を取り合っていく両国の相互理解を深める共同製作ドラマ『パートナー』。
親子、夫婦、恋人、友人、仕事相手、国と国・・・さまざまな「パートナー」を描くこのドラマを通して、日本とベトナムという異なる2つの国が、より深く、より強く、お互いの国と人を理解し合い、今後の2カ国の良好な関係が築かれる期待を抱かせてくれることだろう。

注目の共同製作ドラマ『パートナー』は、日本とベトナムで9月29日に同日放送される。

※また、共同プロジェクトの一環として、この秋、ベトナムのVTVにおいて、「TBSドラマフェスティバル」(仮)を開催予定。10月からベトナムの月~金曜のプライムタイムにおいて、TBSを代表するTVドラマを集中放送する。共同製作ドラマ『パートナー』とともに、注目が集まりそうだ。


「あらすじ」

鈴木哲也(東山紀之)は、日本の商社マン。妻に先立たれ娘・さくら(芦田愛菜)と暮らしている。近い将来、仕事で知り合ったベトナム人のリェン(Nguyen Lan Phuong)と再婚する予定だ。しかしさくらは亡き母親との思い出を大切にしており、哲也の再婚に対しても気持ちの整理ができておらず、淋しい気持ちを抱えている。そんなさくらにリェンは優しく接しようとしているが、なかなか打ち解けてもらえずにいた。
そんな中、哲也は、後輩の畠山(中丸雄一)とベトナムに出張する。哲也が長い年月を費やしてきたプロジェクトも、いよいよ大詰め。しかし1カ月以内に契約を取らなければ、ベトナムとのビジネスから撤退することが決まっている。活気あふれるベトナムの市街地を訪れた二人は、交渉相手のナム社長からある提案をされる。ナム社長は二人に写真を見せ「この石碑に眠っている宝物を持ってきてくれれば契約しよう」と言うのだ。さらに「石碑の写真に写っている人物は、ファン・ボイ・チャウ」とも教えられた。
ナム社長の真意を測りかね、悩む哲也と畠山。早速、二人は「ファン・ボイ・チャウ」について調べるが、ファン・ボイ・チャウがベトナム独立に関わった革命家という情報しか得られない。しかし、この石碑が日本にあること、そして石碑に「浅羽佐喜太郎」という名前が刻まれていることが判明。果たしてファン・ボイ・チャウとは? 浅羽佐喜太郎とは? 二人の関係は?
帰国した哲也と畠山は、石碑のある場所を探し当てる。そこで二人は、ベトナム人留学生を世話している真知(十朱幸代)という老婦人と出会い、宝物について尋ねるが答えは得られない。しかし畠山が、ファンと佐喜太郎に関する記述を町の郷土史に発見する。そこに書かれていたのは、歴史の教科書にも載っていないような、日本とベトナムの意外な史実だった・・・

100年ほど前、浅羽佐喜太郎(東山紀之・二役)は海岸近くで病院を営み、妻のまさ(吹石一恵)と一人娘のゆき江と暮らしていた。
ある日、佐喜太郎は一緒に働く看護師のあかね(武井咲)から異国の男性が漂着した、と聞かされる。その男は、ベトナム独立運動の志士・ファン・ボイ・チャウ(Pham Huynh Dong)だった。ファンは、日本に来た目的を告白。「ベトナム独立のために、日本の武力援助が必要」と強く語るファンの目に熱意を感じた佐喜太郎は、彼を有力政治家・犬養毅(武田鉄矢)、大隈重信(柄本明)と面会させる。そしてファンは武力援助ではなく、人材育成協力の約束を得るのだった。
ファンは同志を募るためベトナムへ一時帰国、フランスの厳しい監視の中で極秘に活動を続ける。そして王族の末裔であるクオン・デ(Nguyen Binh Minh)に面会し、「祖国ベトナムのために、日本に来て欲しい」と願い出る。再び日本に入国したファンは、同志たちと留学生として学び始める。次第に増えていくファンの同志たち。その活動は激動の時代の中で大きな息吹になり、多くの同志たちに囲まれファンは「人生の中で、最も華やいだ幸福な時代」を迎えていた。
突然、佐喜太郎の体を病魔が襲う。あかねは佐喜太郎の異変に気付くが、佐喜太郎は「ファンの足を引っ張りたくない」という一心で、あくまでも気丈に振舞い続ける。そんな中、フランスからの圧力で、ファンたちの活動が弾圧を受け始める。日本の官憲から身を隠しながら、ファンは佐喜太郎に手紙を送るのだが・・・

そして現代。
亡き母を思い続けて淋しい気持ちを抱えたままのさくらは、哲也やリェンの前で、堪えていた気持ちを爆発させてしまう。さくらの言葉を聞いた哲也は・・・。
哲也たちは、ナム社長からの謎掛けの真意をなかなか見出せないでいた。焦る哲也は、もう一度、石碑のある場所へ向かい・・・。

ファンと佐喜太郎、二人の熱き友情の果てにあった悲しき結末。しかしそこには、100年前の二人が残した大切なメッセージが息づいていた。それは紛れもなく、現代の日本人やベトナム人にとっても、かけがえのないものであった。
「一体、ファンと佐喜太郎の二人に何があったのか?
「何故、100年もの間、その謎が明かされなかったのか?」そして、「ファンと佐喜太郎の残したメッセージとは?

100年の時を超えて今、明かされる真実。
このドラマはベトナムと日本の現代に問う、壮大な愛と友情の物語である。


「キャスト」

【明治編 (100年前) 】
浅羽佐喜太郎:東山紀之
ファン・ボイ・チャウ:Pham Huynh Dong (ファンフィンドン)
大岩あかね:武井咲
浅羽まさ:吹石一恵
犬養毅:武田鉄矢
大隈重信:柄本明
クオン・デ:Nguyen Binh Minh (グェン・ビン・ミン)
チャン・ドン・ファン:Le Hong Dang (レ・ホン・ダン)

【現代編】
鈴木哲也:東山紀之
リェン:Nguyen Lan Phuong (グェン・ラン・フォン)
鈴木さくら:芦田愛菜
畠山紀彰:中丸雄一 (KAT-TUN)
大岩真知:十朱幸代


「スタッフ」

ゼネラルプロデューサー:林慎太郎(TBS)、三城真一(TBS)
TVAd&サービスセンター社長:Do ThiLanHuong(ド・チ・ラン・フン)(VTV)
VTV国際局局長代理:Thai NguyetQue (タイ・グェッ・クエ)(VTV)
プロデューサー:片山剛 (TBS)Do ThanhHai (ド・タイン・ハイ) (VTV)、遠藤正人 (ドリマックス・テレビジョン)
ゼネラルディレクター:武藤淳(TBS)
ディレクター:Pham ThanhPhong(ファン・タイン・フォン)(VTV)、松田礼人(ドリマックス・テレビジョン)
脚本:谷口純一郎